The H&M グループ 2016年 サステイナビリティ対策概要

overlay1

サステイナビリティに関するH&Mの取り組み

 ファッションは、私たちを動かす使命です。しかし、私たちが地球と周囲の環境にどのように影響を与えているかということも、同じように重要です。今日、ファッションは巨大で複雑な産業に発展しています。しかし、農場で生産された綿などの原材料を製品に変えるという、根本的な部分に変わりはありません。すなわち、ファッションには天然資源が不可欠であり、そのために環境に悪影響を及ぼす可能性があるということです。未来の世代が私たちと同じくらいファッションを楽しむことができるように、私たちは持続可能な手段で資源を利用するように心がけ、製品の製造工程や使用方法を考え直す必要があります。

 サステイナブルな方法で調達された素材を使ったコレクションを提供することは、そうした取り組みの一環です。H&Mは包括的なアプローチを重視し、ファッションにおけるサステイナビリティは素材だけにとどまらないと信じています。私たちは綿花農場からお客様まで、ファッションを実現するプロセスのあらゆる場面において、サステイナビリティを意識した取り組みを実践するようにしています。世界最大級のファッション企業という立場には、大きな責任が伴います。ファッション業界において、本当に意味のある変化をもたらすことができる大きなスケールを持つブランド、それがH&Mなのです。

この文書では、H&Mが2016年に行なったサステイナビリティ向上を目指す取り組みの概要をご紹介します。ファッション業界により良い未来をもたらすためにH&Mが掲げる目標、そしてその実現に向けた進歩に関する詳細は、H&Mの2016年サステイナビリティ レポートをご覧ください。

地球に優しいファッションを目指す世界的な取り組みに、あなたも参加してみませんか?サステイナブルなファッション、ファッショナブルなサステイナビリティを実現しましょう!

overlay2

Conscious Exclusive

私たちは、H&Mの製品が一段とサステイナブルになるように、常に革新的な素材とプロセスを探しています。今年、魅力的なConscious Exclusiveに、海辺に投棄されたプラスチックをリサイクルしたポリエステル、BIONIC® を素材とする商品が登場。 この画期的な新素材は、海のプラスチックごみを減らす取り組みに貢献しています。

H&Mは、サステイナブルなファッションはレッドカーペットにもふさわしいということを証明し、そうしたアイテムをH&Mストアの定番商品として販売することを目指しています。そのため、私たちは常に、自社製品をさらにサステイナブルにするための素材とプロセスを研究しています。H&Mはこうした取り組みを通して、より環境に配慮した選択肢を増やすことで、サステイナブルなファッションの民主化に寄与しているのです。また、これらの素材を積極的に採用することで、さらなる革新に対する需要を生み出すことにも貢献しています。このような活動を長期的に続けることで、原材料の必要性が大幅に削減されてファッションの製造方法そのものが変わり、大切な地球に与える悪影響を軽減することができるはずです。H&Mは、Conscious Exclusiveおよびその他のコレクションにも、再生ポリエステル、Tencel®、オーガニックコットン、再生プラスチックを使用した布地など、年間を通してサステイナブルな素材を導入しています。

Conscious Exclusiveコレクションは、世界各国約160のH&Mストアおよびオンラインストアで4月20日から販売されます。

今年は、Conscious Exclusive レディースコレクションのすべてのアイテムについて、さらに分かりやすく、詳しく紹介いたします。詳細はhm.comでご覧くださ。素材や製造工場をはじめとする、様々な情報を確認していただけます。

BIONIC®製のこの美しいドレスは、今年のConscious Exclusiveのアイテムです。環境に配慮した素材を用いた同コレクションは現代的な雰囲気で、 特別なイベントに着用できるドレスからおしゃれな普段着まで、多彩なラインナップが揃っています。  

box3

H&Mは明るい未来のために、事業で使用する全エネルギーの96%を再生可能なエネルギーで賄っています。

overlay4

「H&Mで働く女性たちは、間違いなく自由で勇敢です。H&Mが提供する福利厚生は女性に自信を与え、人間として、またプロフェッショナルとして、充実した生活を送る機会をもたらしてくれます。」 ニキ・パンデイ(コンノートプレイス店 部門マネージャー)

理想の職場を目指して

 H&Mでは、個人の背景や居住地を問わず、すべての社員に平等な機会を提供するよう尽力しています。H&Mグループは世界最大級のファッション企業であり、多様性とチームワークを歓迎するという点においては世界一でありたいと願っています。

 そのため、あらゆる事業で平等性を実現する適切な条件を設定すべく、先進的なアプローチを実践しています。その一例として、女性の社会参加率が低いインドの小売市場では、採用候補として可能性のある女性に積極的に声をかけています。H&Mは、女性たちが仕事に就き、キャリアを積み上げていくためのチャンスを増やすための活動にも熱心に取り組んでいます。性別に関係なく、職務に見合った適正な人物を採用することを常に心がけていますが、候補者における男女の比率を公平に保つことも重要です。

 インドでは、法律により、女性が柔軟な時間帯で仕事をすることが困難な場合があります。例えば、インドの大半の都市では、女性が午前7時前、または午後8時以降に仕事をすることを法律で禁じています。女性にも平等な昇進の機会が与えられるべきですが、労働時間に関するこのような規制があるために、午後8時以降の勤務が必要とされる管理職などに就任することが難しいのです。H&Mは地域の立法機関と積極的に連携し、時間外勤務の場合は安全な送迎手段を提供することで、こうした規制の適用が免除されています。

 私たちは、公平で平等な職場づくりに誇りを持ち、社員がその効果を実感できることを喜ばしく思っています。

製造工場

overlay5.1

私たちは、人々と環境に敬意を払うというH&Mの価値観を共有し、積極的に事業改善に取り組むサプライヤーを選び、報奨を提供しています。また、H&Mは複数の国際機関や組合と継続的に協力し合い、労働組合権、団体交渉、公正な生活賃金など、衣服の製造に従事する人々のために、労働条件のさらなる進展を目指しています。H&Mグループは雇用の創出に取り組み、その結果として経済的に困難な立場にある人々に機会を与え、経済成長と生活水準の向上に貢献しています。 2016年だけでも、事業全体で13,000件もの職務が創出されました。


overlay5.2

 この女性の名前は、ワトシといいます。H&Mのサプライヤーが衣類を製造している世界1,800か所の工場で働く、160万人の従業員の一人です。ワトシは45歳で、インドネシアにあるH&Mのサプライヤー、Kahatexに勤務しています。Kahatexは15年以上にわたってH&Mの製品を製造しており、私たちと同じように、サステイナビリティに関する取り組みを改善するために努力を重ねています。

 10年前、ワトシは縫製職人としてこの工場で働き始め、3年後にラインリーダーに昇格しました。勤務5年目で管理職となった彼女は、すべての女性が業界における地位向上を目指し、キャリアアップを志すべきであると信じています。彼女の目標は、今後の数年間で部長に昇進することです。彼女が働く工場は1979年にニット工場として設立され、その後、様々な糸や布地、また靴下から毛布まであらゆる製品を製造する工場へと発展しました。この工場は、インドネシアのバンドンにあります。火山と緑茶農園に囲まれた、年間を通して熱帯気候の地域です。ワトシは工場から徒歩15分の場所に住んでいます。家族と一緒に朝食と夕食をとり、夜には2人の娘と過ごす時間が持てるため、この環境は理想的だと彼女は言います。


overlay5.3

Conscious Exclusiveを舞台裏で支える才能あるスタッフの一人、リアン・フアン・ロン。彼女はこの8年間、中国東部でセーターやニットウェアの製造を専門とする工場、Hangzhou Suntexに勤務しています。ここでの勤務中に、リアン自身や同僚の仕事に関して多くの前向きな変化がありました。例を挙げると、最新技術の導入、機械設備の更新、賃金の向上、製品のデザインおよび価値の向上などです。今年、リアンはConscious Exclusiveコレクションの製造チームに加わっています。この数年間、この工場で製造されたアイテムを映画スターたちが着用している様子を見て、とても誇らしく感じています。 彼女の夢は自分の店を持ち、自らがデザインした衣類とアクセサリーを販売することです。工場で縫製技術を磨き、業界の人々とネットワークを築くことで、夢の実現に近づけると信じています。

box6

H&Mはサステイナブルな方法で調達されたコットンの使用量を増やし、現在では全体量のうち 43%を占めるまでになっています。私たちの目標は、2020年までにすべてのコットンをサステイナブルなものにすることです。

box7

Conscious Beauty (日本未入荷)

2016年初旬、H&Mはボディケア、ハンドケア、ヘアケア製品を取り揃えたConscious Beauty コレクションを発表しました。全製品がオーガニックで、独立した第三者の登録認定機関が発行するエコサート認証を取得しています。

overlay8

リサイクル素材に関する詳細

 古着を材料として、すべての新しい服を製造できることを想像してみてください。トレンドの最先端にいながら、未来の世代が私たちと同じようにファッションを楽しめるようにするには、それが最善の方法ではないでしょうか。

2016年9月、H&Mは3回目のClose the Loop コレクションを発表しました。これは、不要となった衣類を回収し、それを材料として制作されたコレクションです。その他にも、古着回収プログラムによって製造されたリサイクル素材を活用し、年間を通して様々な製品を販売しています。現在、H&Mが使用している素材の4分の1以上が、リサイクル素材、またはサステイナブルな方法で調達された素材となっています。

 H&Mグループでは、コットン、ポリエステル、ウール、カシミア、プラスチックなどを含む、様々なリサイクル素材を使用しています。

 リサイクル素材とは、古着、生産廃棄物、使用済みペットボトルなどの不要物から作られるものです。私たちはリサイクル素材を利用することで、埋め立てられる布地の総量、布地を新規製造するために必要な未使用の原材料、素材の製造に使用される化学薬品やエネルギー、そして水を節約しています。  

 私たちが使用するリサイクルコットンは、生産廃棄物や、H&Mの衣類回収プログラムを通して集められた古着が原料です。回収された衣類は細断されて繊維となり、糸として再生された後、新しい布地に生まれ変わります。現在、品質に影響を与えることなく新製品に使用できるリサイクルコットンの割合はわずか20%ですが、私たちはこの数値を拡大することを目指し、技術革新に投資しています。

  H&Mは、世界で最も積極的にリサイクルポリエステルを活用している企業の一つです。2016年には、ペットボトル1億8千万本に相当するリサイクルポリエステルを使用しました。

overlay9.1
overlay9.2
overlay9.3

個性を大切に:多様性の重視

H&Mが大きな誇りを持って実施するFor Every Victory キャンペーンは、個人、そしてスポーツにまつわるあらゆる勝利を称えるものです。キャンペーンビデオには、出身国を問わず、不可能を可能にするためにあらゆる課題に立ち向かう勇敢なアスリートたちが登場します。

パリで開催されたH&M Studio 2016 秋冬ファッションショーでは、かつてないほど多様性に富んだキャストが採用されました。年齢、サイズ、性別、民族など、多彩なバックグラウンドを持つモデルがランウェイを歩き、強い心を持つ独立した女性像を賛美しました。このキャスティングは、社員、従業員、そしてお客様に対する、H&Mの企業としての価値基準を反映したものです。これが、多様性を受け入れるH&Mの真の姿です。私たちはこの世界的なキャンペーンを通して、誇りを持って多様な美しさを称えます。型にはまった理想像を奨励するのではなく、変化に富んだスタイルを提案する。それが、H&Mの明確な広告ポリシーです。

box10

全ての衣服に価値があります。H&Mは2013年に古着回収プログラムを開始し、たくさんの方々にご協力をいただいたおかげで、これまでに世界中の店舗で40,000トン以上の衣類を回収しました。この量は、Tシャツ2億枚の布地に相当します。

知っていましたか?

overlay11.1
  • H&Mは自社工場を所有していません。その代わり、世界各国で約800社のサプライヤーと契約しています。
  • 通常、これらの工場は多くの他社ブランドとも契約しており、商品が顧客に販売される最終価格に関わらず、作業員たちの労働条件と賃金はいつも同じです。工場とコミュニティの両方における各種条件を改善することこそ、ひとつのブランドができる貢献です。
  • H&M、IndustriALL、スウェーデンの労働組合IF Metallが2015年に合意したグローバル・フレームワーク・アグリーメント(The Global Framework Agreement)は、効果的であることが証明されました。この合意は2016年に再締結され、現在はH&Mの製品を製造するサプライヤーにおける労働者と雇用主のコミュニケーションを改善するための、恒久的な共同事業となっています。
  • H&Mグループは、オーガニックコットンとリサイクルポリエステルを世界で最も多く使用している企業の一つです。
  •  H&Mは、コスメティック製品のための動物実験を一切行なっていません。また、本物の毛皮とアンゴラウールを販売せず、世界各国で動物福祉に関する厳しい基準を設けています。

overlay11.2
  • H&Mの新生児部門(サイズ50-70 cm)のコットン製品は、すべて100%オーガニックコットン製です。
  • 衣類がその寿命の中で排出する二酸化炭素量の約26%が、店舗を離れた後に発生しています。つまり、サステイナブルな方法で衣服を洗濯し、手入れをすることで、ファッションの未来をよりサステイナブルな方向に導くことができるのです。
  • 例えば、洗濯機の水温を60度ではなく30度に設定すると、エネルギー消費量を半分に抑えるだけでなく、公共料金の節約にもつながります。
  • clevercare.infoでは、お気に入りの衣服を何年も愛用できるように、より環境にやさしい方法で衣服の手入れをする方法のヒントが紹介されています。
  •  H&Mの標準的なビニール袋は、すべてリサイクルされたプラスチックから作られています。このことによりゴミが削減され、軽量であるため輸送が簡便化され、環境に与える影響も軽減されます。また、お客様が袋を再利用することで、地球への影響をさらに減らすことができます。

「当社とH&Mグループとのパートナーシップは、 短期的および長期的な視野に立ち、 H&Mのバリューチェーン全体において、環境に関する最も重要な課題に対処することを目的としています。気候変動や水不足などの主要な問題に対して、私たちができることは何か、そして何をすべきかという点に関し、H&Mグループは私たちと提携を結ぶことによって業界に模範を示し、人々の関心を呼び起こしているのです。」

ヨヘム・フェルベルネ(WWFインターナショナル 、グローバルパートナーシップ部門ディレクター)

H&M uses cookies to give you the best experience on our website. If you continue to use our services, we'll assume that you're happy with this. Find out more about cookies.