ニュース

H&M、Higg Indexのサステナビリティ・プロファイルを導入し、一部商品の環境負荷を“見える化”

本日新たに発表されたHigg Index Sustainability Profileを、欧州および米国のオンラインストアにて導入

28 5, 2021

H&Mは、 欧州と米国のオンラインストアで展開する一部商品において、 素材の環境負荷をスコアリングするHigg Index Sustainability Profile(ヒグ・インデックス・サステナビリティ・プロファイル)を導入します。 同ツールはサステナブル・アパレル連合(SAC)および技術パートナーであるHigg社により本日発表され、 H&Mはこの新しいHigg Index Sustainability Profileを商品に適用する最初のブランドの一つとなります。

欧州および米国のオンラインストアにて一部商品に適用される、 Higg Index Sustainability Profile

Higg Index Sustainability Profileは、 製品に使用された素材の環境負荷に関するデータや情報を共有するものです。 ブランドや小売業者、 製造業者が同一の方法で各商品の環境負荷に関する検証済みのデータを共有することができ、 より広範な透明性を提供することで、 お客様はより多くの情報を得た上で購入判断をしていただくことが可能となります。
 
導入の第一弾として、 欧州の全31のオンライン市場および米国のH&M公式ウェブサイト(hm.com)では、 本日よりウィメンズおよびキッズの2021年夏コレクションの一部商品においてHigg Index Sustainability Profileを適用します。 日本での展開は未定ですが、 2021年中には更に対象製品を拡大していき、 2022年中には全オンライン市場へと拡大することを目指しています。

 

対象となる各製品には、 その製品を作るために使用された素材の環境への影響に基づいてそれぞれスコアが付けられています。 スコアは 「標準値」から「レベル 3」まであり、 「標準値」は従来の素材や、 環境への負荷がそれらと同等の素材を使用した製品に付けられる値です。 「レベル 1」、 「レベル 2」、 「レベル 3」は、 より環境負荷の低い素材を使用した製品に用られ、 従来の素材に比べて最も環境負荷が少ない素材を用いて作られた製品には「レベル3」が付けられます。 また、 各製品には、 水の使用、 地球温暖化、 化石燃料の使用、 水質汚染などへの影響に関する詳細なデータも表示されます。

製品に使用された素材の環境負荷のスコアが提示されるほか、 水の使用、 地球温暖化、 化石燃料の使用、 水質汚染などに関する環境負荷の情報も提示される

「Higg Index Sustainability Profileの第一弾として、 欧州の全31のオンライン市場と米国において、一部製品で素材の環境負荷に基づくスコアを提供できることを大変嬉しく思います。これは私たちにとって大きな節目であり、この10年間取り組んできたことでもあります。ファッション業界を変革するために、透明性はとても重要な要素であると私たちは強く信じています。このツールがさらに発展し、近い将来、製品に関する環境データ、さらには社会に関するデータをお客様に共有できるようになることを楽しみにしています。 」
(H&Mサステナビリティ責任者、パスカル・ブルン)
 

  • Higg Index Sustainability Profile(ヒグ・インデックス・サステナビリティ・プロファイル)について

Higg Index Sustainability Profileは、 サステナブル・アパレル連合(SAC)の新Higg Index透明性プログラムの一部で、 Higg Materials Sustainability Index(ヒグ・マテリアルズ・サステナビリティ・インデックス、 MSI)から得られる環境負荷のデータを第3機関によって厳格に検証されたものに基づいています。

サステナブル・アパレル連合(SAC)とHigg社によるHigg Indexの透明性プログラムと、 そのツールであるHigg Index Sustainability Profile(ヒグ・インデックス・サステナビリティ・プロファイル)は、 数年にわたって世界の小売企業やサステナビリティの専門家とともに共同で開発されたものです。 今回発表された新たなプログラムは、 お客様により広範な透明性を提供することにつながり、 それによってより多くの情報に基づいた購入判断をしていただくことができます。 今後、 製造工場による環境・社会への負荷など、 さらに多くの情報を共有できるよう、 引き続き同プログラムの開発は継続されます。

製品へのHigg Index Sustainability Profileの導入について、 H&Mはより透明性を高めるための重要なステップであると捉えています。 2013年、 H&Mグループは世界のファッション小売企業として初めて、 サプライヤーリストをオンラインで公開し、 そのリストは継続的に追加・拡大されています。 2019年には、 大手ファッション小売企業として初めて、 製品の透明性を拡大し、 hm.comの全製品にて素材の詳細や製造工場の情報など、 透明性レイヤーを導入しました。 そして現在、 次なる段階として、 Higg Index Sustainability Profileの取り組みをさらに拡大し、 2021年中に同プログラムを適用する対象製品を増やし、 2022年中には全オンライン市場にてできるだけ多くの製品でプログラムを提供することを目指して取り組みを進めています。
 

  • サステナブル・アパレル連合(SAC)について

サステナブル・アパレル連合(SAC)は、 複数のステークホルダーから成るグローバルな非営利団体です。 同連合は2010年に設立され、 ブランドや小売業者、 製造業者、 学術研究機関、 コンサルタント、 政府やNPGなど世界中から250以上の会員が参加しています。 H&Mグループは、 サステナブル・アパレル連合の創設メンバーです。
 

  • Higg Index(ヒグ・インデックス)について

サステナブル・アパレル連合(SAC)がこの10年開発を続けてきたHigg Indexの各ツールは、 製品、 工場、 あるいはブランドによる環境・社会面への影響を、 同一の方法で測るためのものです。 業界全体において環境・社会への影響を比較可能にすることを目的としています。
 

  • Higg Materials Sustainability Index(ヒグ・マテリアルズ・サステナビリティ・インデックス)について

Higg Materials Sustainability Index(MSI)は、 素材のカテゴリーごとに、 環境への悪影響、 利点、 トレードオフ(二律背反)を理解するために用いられるHigg Indexのツールの一つで、 サステナビリティにおけるアナリスト、 デザイナー、 商品開発者などに提供されるリソースです。 10年に渡って得た環境負荷のデータに基づいたHigg Materials Sustainability Index (MSI)は、 ブランドや製造業者が素材による環境負荷をより正確に測ることを可能にし、 今回発表されたHigg Index Sustainability Profileではこれら情報をお客様に共有することを可能にします。