ニュース

H&Mが今秋お届けするワードローブのマストアイテムは 誰もがご存知の英国ブランドMorris & Co とのコラボレーション

この秋H&Mがコラボレーションするのは、真に英国的なインテリアブランド Morris & Co(モリス・アンド・コー)。アーツ・アンド・クラフツ運動を主導したデザイナーの一人であるウィリアム・モリスによって1861年に設立されたブランドです。今回のコレクションでは、同ブランドを代表する数種類のアーカイヴ・プリントを取り上げ、ロマンチックでありながらマニッシュなデザインを提案します。当コレクションは、全国のH&M 店舗で発売いたします(オンラインストアは10月4日から発売予定)。

14 9, 2018

当コレクションに用いられているMorris & Coプリントは、膨大なアーカイヴから選りすぐったもので、その中には、壁紙やインテリア・テキスタイルとしてよく見かける代表的なプリントも含まれます。テイラード・コート、ジャケット、パンツから、ロマンチックなドレスやブラウス、着心地のよいニット、さらにはコーディネート・スーツまで、幅広いアイテムを揃えたコレクションです。細長いシルエットが中心で、ウール混、ベルベット、滑らかな素材が採用されています。タイネックやボリュームのある袖、ナイフプリーツ、ラッフルといったディテールも要注目です。

「ウィリアム・モリスといえばアーツ・アンド・クラフツ運動、と連想されがちですが、彼は美しいデザインの強力な支持者でもあるのです。だからこそ、Morris & Coプリントは、世界中の人に愛され、広く知られているのです。このイギリスを象徴するブランドと協力してコレクションを作り上げ、そのデザインをお客様と分かち合えることに、とてもワクワクしています。」

(H&M デザインディレクター、パニラ・ウォルフォルト)

 

このコレクションに使用されている代表的なMorris & Coプリントには、ブレア・ラビットとラブ・イズ・イナフも含まれています。ブレア・ラビットは、17世紀のイタリアンシルクから着想を得たもので、ウィリアム・モリスがイギリスの自然に対して抱く愛の象徴でもあります。一方ラブ・イズ・イナフは、著述家、詩人、書体デザイナーと、多方面で活躍したモリスの多才ぶりを称えたものです。リリー・リーフとマリーゴルドは全面プリントで、ルリハコベのフラワーヘッドはモリスが暮らしたケルムスコット・ハウスのダイニングルームに使われていた壁紙が元となっています。プレイド柄は、伝統的なタータンチェックの現代版で、同様にザ・ブルックは2015年に制作されたプリントですが、着想源は中世のタペストリーです。スネークヘッドは、モリスお気に入りのインド更紗の一つで、元々は綿地にブロックプリントを施すという手法で作られていました。ドラマチックなものと繊細なものを結びつけるのが得意だったモリスらしいプリントです。

「私たちはウィリアム・モリス自身が設立した会社を守っていく立場にあります。モリス作品のアーカイヴや、様々な側面にインスパイアされて生まれた見事な手仕事の生地や壁紙のコレクションを通して、モリスの遺産を現代に活かし続けたいと考えています。

今回のコラボレーション企画では、モリスの象徴的なパターンを今日の解釈でお見せすることができそうです。H&Mと協力して、ファッション界の新しいお客様にこれらのデザインをお届けできることをとても嬉しく思っています。」(Morris & Co クリエイティブディレクター、クレア・ヴァリス)

プレス素材ダウンロード: https://we.tl/t-lGiwEgvz5q

H&M uses cookies to give you the best experience on our website. If you continue to use our services, we'll assume that you're happy with this. Find out more about cookies.